私の妊娠体験談@赤ちゃんに安全な葉酸サプリがおすすめ

妊活中にこそ必要な葉酸サプリ

神経管閉鎖障害の発症率を引き下げる効果が期待出来る葉酸ですが、厚生労働省などのお墨付きもあり、これまで多くのお母さんと赤ちゃんの健康的な出産をサポートしてきました。

 

野菜不足の方などは常に葉酸が不足していることも多いので、妊娠中にこうした葉酸を意識して摂取することは重要なことなのですが、実は葉酸が特に必要になるのは妊娠から3ヶ月ほどの期間になっています。

 

これは脊椎など重要な神経系の器官がこの時期に発達するためですが、だからといって妊娠が発覚してすぐに葉酸サプリなどを摂取しても時期がずれてしまうことがあります。

 

予定外の妊娠の方も妊活中の方も、初期妊娠ではお腹の膨らみなど自覚出来る体感が無いので、多くの方が見過ごしてしまいます。

 

そのため気がついた時には葉酸の推奨時期を過ぎていたということも往々にしてありますので、妊活を行い計画的な妊娠を目指している方は、出来れば妊活中から葉酸を摂取することをおすすめします。

 

こうした葉酸は妊娠中の女性だけでなく、女性の美容や健康維持には欠かせないものなので、妊娠していない状態に摂取しても決して無駄になったり身体に悪影響を与えるものではありません。

 

普段のビタミンサプリメントなどと上手に置き換えながら、ぜひ効率的に葉酸サプリを利用して下さい。

つわりも考慮した葉酸サプリ選び

 

妊娠中には身体に様々な変化が訪れますが、中でもつわりは多くの方が経験します。

 

吐き気や気分のだるさなども大変なものですが、匂いや口に含むものに敏感になるので、普段の食事や嗜好も変わってしまう方もいらっしゃいます。

 

街を歩いていても普段は全く気にならなかった食品の香りで吐き気を催したり多くの負担を強いますが、葉酸サプリを選ぶ際にはこうした妊娠中の状況も考慮すべきです。

 

今妊活中の方はこうしたつわりの苦しみを想像するのは難しいですが、中には水さえも飲めないという方もいらっしゃいますので、葉酸サプリを選ぶ際には飲みやすいという点も考慮してみる必要があります。

 

サプリメントの飲みやすさなどはあまり意識しませんが、大きさであったり独特の匂いであったり、実際つわり中の方がサプリメントを飲み込めないという報告もよく聞こえてきます。

 

そのため妊活中の段階から葉酸サプリ選びの際には、つわり中も安定して摂取出来るように、無臭で小粒な葉酸サプリを選ぶことが重要です。

 

葉酸サプリの中には非常に大粒で普段でも飲み込みにくいものがありますが、パッケージやホームページなどの実寸サイズを参考にしながら、飲みやすい葉酸サプリをお選び下さい。

葉酸サプリは天然葉酸に限るのか否か

 

葉酸には植物や野菜などからとれる天然のものと、化学合成して作られる人口のそれとの二つの種類があります。

 

葉酸サプリは基本、どちらか一方の形をとって販売されています。

 

二つを混ぜ合わせている場合もありますが、いずれにしろ天然オンリーのものかそうでないものかの二択です。

 

葉酸サプリの摂取を行う状況下で、どちらを選ぶべきかという意見は、実は専門家の中でも割れています。

 

天然には天然の、合成には合成の良さも悪さもあるということです。

 

印象からは天然由来の葉酸の方が良いようにも思えますが、葉酸の摂取はしっかりと量を摂ることが重要になるので、天然である事情を理由に、含有量が少なくなるのでは意味がありません。

 

また天然葉酸は高価ですので、長く使用するには向かないという考え方もできます。

 

加えて妊娠中などの状況があれば、天然であってもなんの植物を由来にしているかによって、リスクが発生する恐れがあります。

 

ハーブ類の摂取にも注意を払わなければならないように、母体はデリケートなのです。

 

しかし安く十分な量の葉酸を補給できる化学合成の葉酸サプリには、メーカーによって大きく品質に開きがあるため気を付けなければなりません。

 

どちらのタイプを選ぶにしろ、その基本にはやはりメーカーに対する信頼が欠かせません。